ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
40歳からのローヤルゼリー
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

ローヤルゼリーとアレルギー

さまざまな健康効果を持つローヤルゼリーには抗アレルギー作用もあります。

ローヤルゼリーに含有されるどの栄養素がどのように体に働きかけ、アレルギー症状に対抗してくれるのでしょうか。

アレルギーとローヤルゼリーの抗アレルギー作用について詳しくご紹介します。

1. アレルギーとは?

そもそもアレルギーとは何でしょうか。

アレルギーとは、「免疫反応がエラーを起こし、体に害のないものにまで過敏に反応してしまう状態」を指します。

「免疫」とは、体を守る防御システムのことです。

ウイルスや細菌等の体にとって有害な物質が体内に侵入しようとした際に、有害物質に対抗できる「抗体」をつくったり、攻撃を行ったりすることで、有害物質から体を守ってくれます。

わたしたちの体を健康な状態に保つために尽力をつくすありがたいシステムです。

しかしながら、この免疫にエラーが起きてしまうと、花粉や食べ物等の害のない物質に対しても免疫反応を起こしてしまうようになります。

じんましん、喘息、鼻水、くしゃみ等のあらゆるアレルギー症状が現れるだけではなく、最悪の場合、ショック症状(アナフィラキシーショック)を引き起こし、命を落としてしまう危険性もあります。

アレルギー症状やその重さは人によってさまざまですが、症状が重篤な場合には一度専門医の治療を受けたほうがよいでしょう。

2. 即時型と遅延型アレルギー

アレルギー反応は症状が現れる速さにより、「即時型(Ⅰ型)」と「遅延型(Ⅳ型)」に分けられます。

花粉症や食物アレルギー、蜂の毒によるアナフィラキシーショック等、アレルギー反応のほとんどは「即時型」であり、体内にアレルギー反応の引き金となる物質が侵入した直後から症状が出始めます。

それに対して「遅延型」に該当するアレルギーは、症状が出るまでにおよそ1日〜3日ほどかかるとされています。

代表的なものとして、アレルギー性接触性皮膚炎や金属アレルギー、薬物アレルギー、ツベルクリン反応等が挙げられます。

3. アレルギー反応が起こる仕組み

「即時型」と「遅延型」では、アレルギー反応が起こる仕組みも異なります。

3-1. 即時型の場合

即時型のアレルギーには、「IgE(アイジーイー)」という抗体が関係しています。

アレルギー反応の引き金となる花粉や食べ物等の物質を「アレルゲン」といいます。

免疫異常によって敵だと認定されたアレルゲンが体内に入ると、対抗するためにIgE抗体がつくられます。

つくられたIgE抗体は皮膚や粘膜にある細胞の表面にくっつき、蓄積されていきます。

再度アレルゲンが体内に侵入し、IgE抗体と接触することで、IgE抗体とアレルゲンは結合します。

IgE抗体とアレルゲンが結合する際に、細胞から「ヒスタミン」等の化学物質が放出されます。

放出されることで化学物質は活性化し、活性化された化学物質により花粉症や喘息等のさまざまなアレルギー症状が引き起こされます。

3-2. 遅延型の場合

遅延型のアレルギーには、「T細胞」と呼ばれる細胞が関係しています。

アレルゲンが体内に入ると「マクロファージ」と呼ばれる細胞がそれを感知し、T細胞にアレルゲンが入ってきたことを伝えます。

T細胞は体内に侵入したことのあるアレルゲンだと知ると、過剰な反応を示し、前回より数を増やすと共に、さらに強力な攻撃力を持った「キラーT細胞」に変化します。

キラーT細胞は、その他の細胞に指令を伝える際に、「サイトカイン」と呼ばれるさまざまな因子を放出し、情報伝達を行います。

分泌されたサイトカインがマクロファージを刺激することによって、活性化されたマクロファージが局所に集まり、攻撃を行うことでアレルギー症状が引き起こされます。

また、キラーT細胞自身が正常な細胞まで傷つけてしまうことでアレルギー反応が引き起こされる場合もあります。

3-2-1. 「IgGが原因で起こる遅延型食物アレルギー」は存在しない

「遅延型食物アレルギー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。数時間〜数日かけて症状があらわれるといわれている食物アレルギーです。

遅延型食物アレルギーの検査や治療を行っている病院や診療所も少なくないため、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

検査を行っている病院の多くは「IgG(アイジージー)」という抗体が遅延型食物アレルギーの原因であると謳っています。

血液中にIgG抗体があるかないかでアレルギーかそうでないかを判断するというのです。

しかしながら、米国や欧州のアレルギー学会及び、日本アレルギー学会はIgG抗体をアレルギーの原因だとすることも、検査の方法についても推奨できないとの声明を出しています。

IgG抗体は食物アレルギーがない健康な人の体にも存在し、アレルギーの判断材料にならないためです。血液中のIgG抗体の量は単に食物の摂取量に比例しているだけだとも指摘しています。

また、日本アレルギー学会は、アレルゲンでないものまで食べることを制限され、食べるものが限定されることで、健康被害が出る危険性もうったえています。

科学の常識は研究によって更新されていくものですから「ない」と言い切ることはできないかもしれません。しかしながら、遅延型食物アレルギーについて、専門の機関が認めていないことは事実です。

悪徳な病院や診療所のワナに引っかからないようにしましょう。

3-2-2. 食物アレルギーは一般的に即時型のみ

そもそも食物アレルギーは一般的には即時型のみだといわれています。

症状が出るまでに時間がかかる例外的なものも幾つか存在しますが、IgE抗体によって引き起こされるアレルギーであることに違いはありません。

発酵食品である納豆のアレルギーは症状が出るまでに数時間〜数十時間かかる例外的な食物アレルギーの代表です。

アレルゲンとなる納豆成分(PGA)が腸内で分解され、吸収されるまでに時間がかかるためだと考えられています。

また、「食物依存性運動誘発性アナフィラキシー」は、アレルゲンを食べた後に運動することで引き起こされます。

食べてから2時間以内の運動が引き金になるため発症まで時間はかかりますが、運動をはじめてから発症するまでの時間は運動開始直後〜数十分以内と短く、症状が出るまでに数時間もかかりません。

4. ローヤルゼリーの抗アレルギー作用

ローヤルゼリーには抗アレルギー作用があるといわれています。ローヤルゼリーが持つ数々の効能の中でも、科学的にも証明されている確かな効果の一つです。

免疫機能を正常に保つことで、アレルギーになりにくい体を作ったり、アトピーや花粉症等のアレルギー症状を緩和させることができるといわれています。

ローヤルゼリーはどのようにして免疫システムを正常に保つのでしょうか。

それを知るためには、まずアレルギーが引き起こされるきっかけでもある免疫システムにエラーが生じる原因について知る必要があります。

免疫異常の代表的な2つの原因は以下のようになります。

  1. 食生活
  2. ストレス

それぞれの原因に対してローヤルゼリーがどのように作用するのか詳しくみていきましょう。

4-1. 【免疫異常の原因1】バランスの乱れた食生活

インスタント食品等の食品添加物を食べ続けたり、肉中心の欧米型の食生活を続けたり等、バランスの乱れた食事を続けることで、免疫機能に必要な栄養を十分に得ることができない状態も続き、免疫異常を引き起こしてしまいます。

体を守るために働く細胞には、働くための栄養が必要不可欠です。

働くために必要な栄養素が不足した状態が続くことで、十分に機能することができず、異常をきたしてしまうのは当然のことだと考えられます。

食生活の乱れが原因で引き起こされた免疫異常を改善するためには、当然のことながら食生活の改善が必要です。栄養バランスのとれた健康的な食事を心がける他ありません。

しかしながら、健康に気を使っていたとしても、バランスのとれた食事を毎日続けることは難しいことでしょう。

ローヤルゼリーには、タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素を筆頭に、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等、日頃不足しがちな栄養素まで満遍なく含まれています。

さらに、デセン酸やビオプテリン等、ローヤルゼリーにのみ含まれる特有成分も幾つか含まれています。

ローヤルゼリーを摂取するだけで体に必要不可欠な栄養素だけではなく、体に対して有効に働きかけてくれるその他の栄養素まで、余すことなく摂取することができてしまうのです。

「自然の妙薬」や「不老長寿の薬」と謳われているのも、大げさではないように感じます。

毎日の食事にローヤルゼリーをプラスすることで、細胞にも十分な栄養を届けることができます。

ローヤルゼリーを摂取し続けることで、免疫システムも正常に機能し続け、アレルギーになりにくい体を手に入れることができるでしょう。

4-2. 【免疫異常の原因2】ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスを感じた状態が続くと、自律神経のバランスを乱してしまいます。

自律神経は体の活動のおよそ90%を牛耳る大変重要な神経です。自律神経が乱れることで、体のありとあらゆる器官に悪影響を及ぼしてしまいます。

免疫異常もその悪影響の一つです。

自律神経がバランスを崩すことで、免疫の調整がうまくいかなくなり、害のないものまで敵だと認定し、過剰に反応してしまうようになるのです。

自律神経のバランスを整えるためには、抱えているストレスをできるだけ軽減する必要があります。

たったこれだけのことですが、ストレス社会と呼ばれる現代では、大変困難なことかもしれません。

ローヤルゼリーに含まれる「アセチルコリン」という成分には自律神経を正常に整える作用があります。

自律神経が正常化することで、免疫調整も正常化し、アレルギーになりにくくなったり、アレルギー症状を緩和させたりすることができます。

また、アセチルコリンには心身をリラックス状態に導き、ストレスを緩和する作用もあります。

ストレスを完全になくすことはできませんが、ストレスとうまく付き合うための手助けをしてくれるのです。

5. ローヤルゼリーを摂取してはいけない場合

ローヤルゼリーはアレルギーを改善しますが、ローヤルゼリーに対してアレルギー反応を起こしてしまう場合も稀にあるため注意が必要です。

体に異常が起きた場合には、すぐに摂取を控えるようにしましょう。

また、アレルギー反応が出た場合以外にも、以下の条件に当てはまる場合には、摂取を取りやめたり、控えたりする必要があります。

それぞれの条件について詳しく知りたい方は「子どもにも嬉しいローヤルゼリー」をご確認ください。

  1. 1歳未満の乳児の場合
  2. 摂取して体調が悪くなった場合
  3. 過去に蜂に刺されたことがある場合

健康改善のためにローヤルゼリーを生活に取り入れるのに、摂取することで体に不調をきたしてしまっては元も子もありません。

摂取をはじめる前にきちんとチェックし、当てはまらないか確認するようにしましょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
高品質・40歳からのローヤルゼリー
画像
No.3
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.4
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
試せる!
山田養蜂場RJスキンケア
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…