ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

眼精疲労とローヤルゼリー

さまざまな有効成分を含有する「自然の妙薬」ローヤルゼリーは「眼精疲労」症状の軽減にも有効です。

ここでは「眼精疲労とは何か?」「ローヤルゼリーはどのように眼精疲労症状を改善するのか?」等について説明しています。

1. 眼精疲労とは?

「眼精疲労」は単なる「疲れ目」とは異なります。

目を休めたり、睡眠をとったりすることで改善する疲れ目に対して、休息や睡眠をとっても十分に改善せずに頑固に症状が続く場合には眼精疲労を疑うことができます。

眼精疲労は自然に治る可能性が低く、症状が長引くことで悪化したり、別の症状を招いたりする場合もあるため、早めに対策を行う必要があります。

また、長引く目の疲れの影に他の病気が隠れている危険性も少なからず考えられます。「単なる目の疲れ」だと軽く考えずに目の不調が続く場合にはきちんと専門医の診察を受けるようにしましょう。

1-1. 眼精疲労の主な症状

眼精疲労の症状は人によって様々です。目の症状だけではなく、身体にも悪影響が及ぶ場合があります。

  • 眼精疲労の主な症状
  • 目の症状
  • 目の痛み
  • かすみ目
  • 目が重い
  • 目がしょぼしょぼする
  • まぶしい
  • 涙が出る
  • 目が充血する
  • まぶたがピクピクする
  • 目の乾き
  • 身体の症状
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • イライラする

2. 眼精疲労が起こる原因

眼精疲労の原因は大きく4つに分類することができます。

目の使いすぎや環境が原因

眼精疲労になる原因はさまざまですが、一番はやはり「目の使いすぎ」が原因です。

現代はパソコンやスマートフォンの普及等で目を使用する機会が増え、目が疲れやすい環境が整っているといえます。仕事等でどうしても使用する必要があるとき以外にはパソコンやスマートフォンから目を離し、なるべく目を休めるようにすることが大切です。

精神的なストレスが原因

ストレスを感じると「自律神経」が乱れ、全身に悪影響を及ぼします。その悪影響の一つとして眼精疲労の症状が現れる場合があります。

自律神経とは、身体のあらゆる働きをコントロールしている神経のことです。自律神経が乱れることでピントを上手く調節することができなくなったり、涙の分泌が正常に行われなくなったりすることで眼精疲労へと繋がってしまうのです。

メガネやコンタクトレンズがあっていない

メガネやコンタクトがあっていないために眼精疲労が起きることは少なくないようです。こまめに検査し、常に自分にあったメガネ・コンタクトレンズを着用するようにしましょう。

身体や目の病気が原因

さまざまな病気が原因で眼精疲労を引き起こしている場合があります。眼精疲労の原因になり得る病気は以下の通りです。

目の病気
近視・遠視・老眼

近視・遠視・老眼の症状が進むと、ピントを合わせようとして目の周辺の筋肉が緊張した状態が続き、眼精疲労を引き起こしやすくなります。

また、よく見ようとして目を凝らしたり、近くで見ようとして首を前に突き出すような姿勢になったりすることで、余計に目を疲れさせてしまったり、首や肩のこりといった身体の不調にも繋がったりする場合があります。

ドライアイ

ドライアイとは、目を守るために欠かせない涙の量が不足したり、涙の質が低下したりすることで目全体にきちんと涙が行き渡らなくなった状態を指します。

涙は目の乾燥を防止するだけではなく、目を洗浄する働き、目が動くための栄養を補給する働き、目の表面をキレイに保つ働き等、さまざまな役割を担っています。涙がきちんと分泌されなくなることで目の疲れやかゆみ、不快感等の眼精疲労症状が併発しやすくなります。

緑内障・白内障

緑内障や白内障が進行し、視界がぼやけたり、視力が低下したり、視野が狭くなったりすることで目の筋肉を酷使しやすい状態が続き、眼精疲労へとつながる場合があります。

  • 緑内障とは?
    神経に異常が起き、視野が狭くなる病気のこと。
  • 白内障とは?
    レンズの役割を持つ「水晶体」が白く濁ってしまう病気のこと。
斜視・斜位・眼瞼下垂(がんけんかすい)

「斜視」と「斜位」どちらも物を見るとき、左右の視線を合わせる際に必要以上に目の周りの筋肉を使用することになります。

また、「眼瞼下垂」になると、開きにくくなったまぶたをさらに上げようとしたり、ものを見る際に頭を後ろに反らす姿勢をとりやすくなったりすることで、目周辺の筋肉だけではなく、首や肩の筋肉を酷使することにも繋がります。

斜視も斜位も眼瞼下垂も意識していなくても普段から目が疲労しやすい状態であり、眼精疲労になりやすいため通常の人よりも目を気遣う必要があるといえるでしょう。

一人で判断せずに専門医の判断をあおることも大切です。

  • 斜視とは?
    ものを見るとき、片目は見ようとするもの(目標物)を見ているがもう一方の目は目標物とは異なる方向を向いている状態のこと。
  • 斜位とは?
    「隠れ斜視」ともよばれる。ものを見ているときは目の位置(眼位)に異常はなく、何も見ていないときに斜視のように眼位に異常があらわれる状態のこと。
  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?
    まぶたを上げる筋肉や神経に異常が起き、まぶたが開きにくくなる病気のこと。
身体の病気

目とは関係ないように思える病気からも眼精疲労へと繋がる場合があります。眼精疲労を併発する可能性がある病気は以下の通りです。

  • 風邪やインフルエンザ等の感染症
  • 自律神経失調症や更年期障害等の神経の病
  • 虫歯や歯周病等の歯の病
  • 鼻や耳の病

目をそれほど酷使しておらず、さらに目の病気にもかかっていない場合には、身体の病気から来る眼精疲労を疑っても良いかもしれません。

ただし、素人判断は危険を伴いますから原因不明の目の異常が続いている場合には早急な専門医の診察をおすすめします。

3. ローヤルゼリーの眼精疲労改善効果

記事冒頭でローヤルゼリーは眼精疲労症状の軽減にも有効だとお伝えしました。

ローヤルゼリーには炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質の三大栄養素はもちろんのこと、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、その他特有成分まで豊富に含まれています。

その豊富な栄養素の中には眼精疲労に対して有効に働く成分も多く、それらの成分の働きによって眼精疲労症状を軽減し、改善へと導くことが可能になるのです。

目の疲れを癒やすローヤルゼリーの栄養素とその働きに注目して見ていきましょう。

3-1. アセチルコリン

アセチルコリンには自律神経に働きかけ、眼精疲労の原因の一つであるストレスを軽減する作用があります。

自律神経は運動時や興奮している時に働く「交感神経」と、睡眠時やリラックスしている時に働く「副交感神経」の2種類から成り、二つの神経をバランス良く働かせることでさまざまな身体の活動を正常に保っています。

ストレスを感じると副交感神経が働くべきタイミングでも交感神経が働き続けてしまい、十分に休息をとれなくなったり、リラックスできなくなることで、身体にさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

アセチルコリンは過活動する交感神経の働きを沈め、副交感神経を優位にすることで身体をリラックスしやすい状態へと導き、ストレスを改善するサポートをしてくれます。

ストレスが軽減することでストレスが原因で発症していた眼精疲労の症状も和らげることができるでしょう。

3-2. ビタミンB群

ローヤルゼリーにはビタミンB群全8種類が全て含まれています。

8種類のビタミンB群はそれぞれ別の働きを持ち、さまざまな角度から眼精疲労を改善するためのサポートを行います。

ビタミンB群の中でも眼精疲労に有効だといわれているビタミンは、「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」の4種類です。

それぞれの働きについては以下の通りです。

ビタミンB1

糖質の代謝に関わり、エネルギーの生産をサポートすることで疲労を軽減し、筋肉や神経の働きを正常に保つ作用があります。精神を安定させる作用もあるため、摂取することでストレスの予防にも働きかけます。

ビタミンB2

炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素と呼ばれる栄養素の代謝に関わるビタミンです。皮膚や粘膜の代謝を正常に保つことで健康を維持する働きがあります。

ビタミンB6

エネルギー代謝や神経伝達物質の合成に関わるビタミンです。免疫システムを維持したり、皮膚や粘膜の健康維持をサポートする働きがあります。

また、睡眠を促すセロトニンや神経の興奮を抑えるγ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノラクサン/GABA)等の合成を促す働きもあるため眼精疲労の原因の一つであるストレスの軽減にも有効です。

ビタミンB12

目が働くために必要な筋肉や神経の働きを正常に保つ作用があります。また、眼精疲労症状である肩や首のこり症状を軽減する効果も期待できます。

ビタミンは体内で作ることができないものがほとんどであるため日々の食事から摂取する必要がある栄養素です。ローヤルゼリーではビタミンCやビタミンE等は摂取することができないためそれらは別の食べ物から摂取する必要があります。

しかしながら、一回の摂取でビタミンB群8種類全てが摂れてしまうのですから、ローヤルゼリーはビタミンを摂取するのに適した食品だと言えるでしょう。

3-3. タンパク質とアミノ酸

人間の身体を構成する成分のうち約60%〜70%は「水分」が占めています。その次に多いのは「タンパク質」であり、身体の約20%に及びます。

タンパク質は筋肉や内臓、皮膚、骨、爪、毛髪、血液、ホルモン等を作る原料となる成分であり、人間の身体を構成する成分の中でも特に重要であるといえます。疲労した細胞を再生させるためにもタンパク質の摂取は大切です。

タンパク質は幾つものアミノ酸が集まることでできています。食事で摂取したタンパク質がそのまま筋肉や血液等の原料になるわけではなく、一度アミノ酸に分解された後、新たなタンパク質に作り変えられることで身体のさまざまな要素を構成する原料となるのです。

アミノ酸は分解する必要がないため摂取するとタンパク質よりも早く身体に吸収することができ、身体の原料として素早く補給・使用されます。

3-3-1.ローヤルゼリーとアミノ酸

人間の身体を構成するタンパク質の原料となるアミノ酸は全部で20種類であり、それらの組み合わせによって身体のさまざまな要素が作られます。

  • ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸
  • 必須アミノ酸
    体内でつくることができないため日々の食事から摂取する必要があるアミノ酸
  • リジン
  • フィニールアラニン
  • トリプトファン
  • メチオニン
  • スレオニン
  • ヒスチジン
  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • 非必須アミノ酸
    体内で合成することができるアミノ酸
  • アルギニン
  • プロリン
  • セリン
  • グルタミン酸
  • グルタミン
  • チロシン
  • アラニン
  • シスチン
  • グリシン
  • アスパラギン酸
  • アスパラギン
  • その他のアミノ酸
  • γ-アミノ酪酸
  • タウリン
  • β-アラニン
  • ヒドロキシプロリン(オキシプロリン)

「必須アミノ酸」は体内でつくることができないため、日々の食事から摂取する必要があります。一方「非必須アミノ酸」は体内で合成することも可能ですが、偏った食生活や加齢、ストレス等により、十分な量を生産することができない場合もあり、必須アミノ酸ほどでないにしても不足する可能性がある栄養素です。

ローヤルゼリーには摂取を心がけたいアミノ酸が20種類以上含まれています。身体の構成に必要な必須アミノ酸や非必須アミノ酸はもちろんのこと、その他にも身体の健康サポートをするアミノ酸が含まれているのです。

不足しがちなアミノ酸を一度に複数摂取できるだけでもローヤルゼリーを摂取する利点があるといえますが、疲労によってダメージを受けた細胞を再生するための原料としても十分であるといえるでしょう。

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸の中でも「タウリン」「アスパラギン酸」は特に眼精疲労の回復に有効だといわれています。

それぞれの働きは以下の通りです。

タウリン
目の新陳代謝を促す働きにより、眼精疲労を軽減させる作用があります。 視力の低下だけではなく白内障や緑内障等の目の病気の予防にも働きかけます。
アスパラギン酸
エネルギー代謝に関わり、疲労物質である「乳酸」の分解を促す作用があるため、 疲労の蓄積を防ぎ、回復させる効果が期待できます。

4. 眼精疲労かもしれないと感じたらすぐに専門医の診察を受けよう!

眼精疲労かもしれないと感じたらまずはすぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。きちんとした治療を受ける中で、日々の食事にプラスしてローヤルゼリーの摂取を始めることがベストな摂取方法だといえます。

ローヤルゼリーにはおよそ40種類もの栄養素が含まれていますし、その中には紹介したように眼精疲労に効く栄養素も存在しています。身体にとって良い効果をもたらすことは間違いないといえますが、あくまでも「ローヤルゼリーは健康食品の一種であり万能ではない」ということを忘れてはいけません。

また、「ローヤルゼリーはすぐに効果を発揮する即効薬ではない」ということも念頭に置く必要があります。ローヤルゼリーの豊富な栄養素は摂取を続けることで身体に浸透するように優しく効いていくものであるため、効果を実感するまでに時間がかかるのです。

さらに、「ローヤルゼリーを摂取するだけでは健康を得ることはできない」と考えたほうがよいといえます。治療を受け、ローヤルゼリーの摂取を始めたとしても、目に悪い環境で過ごしていたり、偏った食生活を送ったりしていたのでは、当然のことながら改善することは難しいといえるでしょう。

健康な目を再び手に入れるためには、自らも改善するように努力する必要があるのです。パソコンやスマートフォンが普及した現代社会は常に目が疲労しやすい環境にあります。そのため、日頃から目を休ませることを心がけ、目を使いすぎないように注意することが必要だといえます。

ローヤルゼリーはあくまでもサポートであるということを忘れずに、目に優しい生活を自らも心がけることで眼精疲労症状も改善するとともに、眼精疲労になりにくい身体を手に入れることもできるでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
画像
No.3
薬院オーガニックのローヤルゼリー
画像
No.4
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.5
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
オクタードEX
ジェリーRH
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…