BCAAとローヤルゼリー

ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

BCAAとローヤルゼリー

「BCAA」とは何でしょう。

スポーツをする人であれば一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、言葉を聞いたことはあっても詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここではローヤルゼリーにも含まれる栄養成分「BCAA」とは何か詳しくご紹介します。

1. BCAAとは?

BCAA(Branched Chain Amino Acids)は「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3種類のアミノ酸の総称です。「分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸」と呼ぶこともあります。

人間の体内で作ることができない「必須アミノ酸」に該当するため、毎日の食事から摂取する必要があります。

2. BCAAの効果

BCAAには大きく分けて二つの効果があります。

  1. 筋肉の健康を維持する効果
  2. 中枢性疲労を軽減する効果

それぞれの効果について順番にみていきましょう。

2-1. 筋肉の健康を維持する効果

アミノ酸は体のあらゆる細胞を構成するタンパク質の原料となる成分ですが、BCAAは中でも筋肉を構成するタンパク質の原料として使用されます。

筋タンパク質のおよそ4割はBCAAからできており、BCAAは筋肉の健康維持のためにも欠かせない成分だといえます。

2-1-1. 運動で消耗する筋タンパク質

運動することで筋肉のタンパク質は消耗します。ハードな運動を行うようであれば尚更多くのタンパク質を失うでしょう。

消耗した筋肉をそのままにしてしまうと、筋肉疲労や痛みの原因になるだけではなく、損傷が続くことで、筋力の低下にも繋がる危険性があります。そのため、運動後や運動前にはBCAAを体内に補充する必要があります。

運動前に摂取した場合の効果
  • 筋肉損傷の軽減
  • 疲労の軽減
  • スタミナアップ
運動後に摂取した場合の効果
  • 筋肉の修復
  • 筋肉痛の軽減
  • 疲労回復

スポーツ飲料の多くにはBCAAが含まれています。

スポーツで汗をかくことで失われた水分・塩分を補給するだけではなく、消耗された筋タンパク質の原料であるBCAAを補給する目的もあるのです。

タンパク質とアミノ酸では筋タンパク質合成までのスピードが違う

タンパク質を摂取することでも筋タンパク質合成に必要な材料を体に摂り込むことはできます。しかしながら、タンパク質は筋タンパク質合成に使用する前に一度アミノ酸に分解する必要があり、そのため筋肉の修復までに少々時間がかかってしまいます。

それに対してアミノ酸は分解する必要がなく、すぐに筋肉合成に使用することができるため、タンパク質よりも早く修復に役立てることができます。

ハードな運動の直後、筋肉疲労や損傷の回復にはすぐに吸収・利用できるアミノ酸を摂取するようにしましょう。

2-2. 脳の疲労を軽減する効果

BCAAは筋肉の疲労回復だけではなく、「中枢性疲労」の回復にも効果が期待できます。

中枢性疲労とは脳が主体となって疲労を感じている状態を指します。BCAAには肉体だけではなく、脳の疲労を回復する効果もあるのです。

2-2-1. 運動で脳も疲労する

中枢性疲労の原因だといわれるものの一つに「運動」があります。中枢性疲労は肉体の疲労と同様に運動によっても引き起こされるのです。

激しい運動を行うと血中から脳内への「トリプトファン」の運送が加速します。この脳内に送られたトリプトファンは脳内ホルモンである「セロトニン」合成に利用されます。

中枢性疲労の原因はセロトニン?

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させたり、睡眠を促したりする働きを持つ脳内ホルモンの一種です。長い間中枢性疲労の原因はこのセロトニンだと考えられてきました。

しかし、疲労感が長期的に続く「慢性疲労症候群」ではセロトニンを合成する働きが低下し、疲労を感じていても反対に脳内のセロトニン量は減少する場合もあることが判明しました。

そのため、セロトニン増加が疲労の原因だとは一概には言い切れず、現在ではセロトニン原因説の信憑性は低下しています。

中枢性疲労の原因はトリプトファン?

トリプトファンは必須アミノ酸の一種であり、「幸せホルモン」セロトニンの原料となる成分です。現在、中枢性疲労の原因物質として最も有力だと考えられています。

激しい運動を行うと脳内のトリプトファン濃度が高まります。脳内のトリプトファンはセロトニン合成に利用されますが、その合成を行う過程で疲労を感じさせる物質も同時に発生させることで、中枢性疲労を引き起こすのではないかと考えられているのです。

2-2-2. ローヤルゼリーで中枢性疲労も予防・改善

中枢性疲労の改善にもBCAAが有効であることがわかっています。

ローヤルゼリーを毎日きちんと摂取し、十分な量のBCAAを体内に摂取しておくことで、中枢性疲労の予防や改善に高い効果が期待できます。

激しい運動の場合、ローヤルゼリーに含有される量だけでは足りなくなる可能性も考えられますから、その場合はサプリメント等で適切な量をプラスして摂取するようにしましょう。

ローヤルゼリーにはBCAAの他にも豊富な栄養素が満遍なく含まれています。毎日の摂取にプラスして運動も習慣的に行うことで体の芯からの健康体を得ることができるでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
画像
No.3
薬院オーガニックのローヤルゼリー
画像
No.4
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.5
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
試せる!
山田養蜂場RJスキンケア
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…