ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
40歳からのローヤルゼリー
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

美肌とローヤルゼリー

ローヤルゼリーが持つさまざまな健康効果の中でも、「美肌効果」は特に女性にとって嬉しい効果でしょう。

ローヤルゼリーに含有されるさまざまな栄養素が体の内側から働きかけることで、美しく健康的な肌を手に入れることができるのです。

ここでは、ローヤルゼリーの美肌効果について細かくご紹介しています。

1. 何故肌トラブルは起きてしまうのか?

年齢問わず女性であれば、何かしらの肌の悩みを抱えていると思います。

それらの肌トラブルは何故起きてしまうのでしょうか。

代表的な肌トラブルである「シワ」「シミ」「ニキビ」の3つにしぼり、それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

1-1. 「シワ」の原因

シワは大きくわけて以下の3種類に分類することができます。

  • 乾燥ジワ
  • 紫外線ジワ
  • 表情ジワ

それぞれの原因については以下の通りです。

乾燥ジワ

主に空気の乾燥や加齢等によって、肌表面が乾燥することでできるシワです。

いわゆる「小ジワ」と呼ばれるシワがこちらに該当し、細かくちりめん状に現れるのが特徴です。

そのまま放置することによって、細かなシワとシワとが繋がり、大きなシワになってしまう場合もあります。

紫外線ジワ

主に紫外線や加齢によって、肌のハリや弾力の元となるコラーゲンが傷つけられることでできるシワです。

コラーゲンが破壊され、肌の弾力が失われることで皮膚が緩み、深く大きなシワになるのが特徴です。

表情ジワ

表情の癖によって、何度も同じ箇所の皮膚を折りたたむことでできるシワです。

10代〜20代では肌に弾力があるため、アトになることは少なく、すぐに元通りに戻りますが、年齢を重ねたり、肌の乾燥等が続いたりすることで、シワとして刻まれやすくなります。

1-2. 「シミ」の原因

シミは大きくわけて以下の4種類に分類することができます。

  • 日光黒子(にっこうこくし)
  • 雀卵斑(じゃくらんはん)
  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑(かんぱん)

それぞれの原因については以下の通りです。

日光黒子(にっこうこくし)

主に紫外線が原因となってできるシミです。

年齢を重ねた中年以降に増えることが多く、「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」とも呼ばれています。

「シミ」の大半はこちらに該当します。

雀卵斑(じゃくらんはん)

主に遺伝によってできるシミです。

数ミリの細かい斑点状のシミで、頬や鼻の周辺に集中的に現れるのが特徴です。

いわゆる「ソバカス」がこちらに該当します。

炎症後色素沈着

主にやけどやニキビ、虫さされ等の炎症が原因となってできるシミです。

年齢や部位を問わず、誰にでもできる可能性があります。

時間とともに薄くなることも多いですが、消えるまでに数年かかる場合もあります。

肝斑(かんぱん)

主に妊娠や避妊薬等が原因となってできるシミです。

女性ホルモンの影響で発生すると考えられていて、30〜40代に多く見られます。

頬骨に沿うように左右対称にできるのが特徴です。

1-2-1. シミとターンオーバー

紫外線を浴びるとシミの原因となる「メラニン」という色素がつくられます。

メラニンが肌に居座り続けることによって、やがて沈着し、シミになってしまうのです。

しかしながら、皮膚の細胞は通常であれば、28日周期で新しい細胞に生まれ変わるといわれています。

この28日周期で起こる細胞の生まれ変わりのサイクルは「ターンオーバー」といい、ターンオーバーが正常に行われることによって、メラニンも28日後には古い細胞と共に処理されるため、シミとして肌に残ることはありません。

つまり、紫外線はシミの原因になりますが、紫外線を浴びたからといって必ずしもシミになってしまうわけではないのです。

では、何故シミになってしまうのかというと、ターンオーバーが正常に行われていないからに他なりません。

ターンオーバーが乱れる原因は、不規則な生活習慣やストレス、過労、加齢、喫煙等、さまざまです。

シミはさまざまな原因によって引き起こされますが、それらの原因だけに気を使っていてもシミを防ぐことはできない可能性があります。

シミのない美しい肌の維持にはターンオーバーを整えることも重要なのです。

1-3. 「ニキビ」の原因

ニキビは大きくわけて以下の2種類に分類することができます。

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ

それぞれの原因については以下の通りです。

思春期ニキビ

性ホルモンや成長ホルモンの影響により皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまることによってできるニキビです。

そのため、皮脂が分泌される皮脂腺の多いおでこから鼻にかけての「Tゾーン」にできやすいという特徴があります。

20歳前後になるとホルモンバランスが安定するため、皮脂分泌も正常化し、自然に治まっていきますが、適切な処置を施さずに放置してしまうと、アトが残ってしまうことも少なくないため注意が必要です。

大人ニキビ

主に生活習慣の乱れやストレス、加齢、間違ったスキンケア等が原因となってできるニキビです。

人によって原因はさまざまで、一つに絞ることはできませんが、さまざまな原因によって、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積し、毛穴につまることで発生します。

1-4. 肌トラブルは原因となる事柄を放置してしまうことによって引き起こされる

さまざまな肌トラブルの大半は原因となる事柄を放置してしまうことによって、引き起こされたり、悪化したり、アトに残ったりしてしまうことがわかりました。

加齢が原因となって引き起こされる場合は、ある程度は不可抗力かもしれませんが、きちんと対処することによって、肌の状態を改善できたり、進行を遅らせることができたりする可能性があります。

当たり前かもしれませんが、肌トラブルを改善するためには、それぞれの原因を解消することが最重要なのです。

しかしながら、幾つもの原因が重なって起きる場合もあるため、一つ一つの原因を全て改善するのは大変難しいことだと考えられます。

2. ローヤルゼリーと肌トラブル改善効果

ローヤルゼリーは、肌トラブルの原因となる事柄を改善したり、消し去ったりする手助けをしてくれます。

ローヤルゼリーの豊富な栄養素が毎日の食事で不足しがちな栄養を補い、体本来の働きを蘇らせることで、美しく、衰え知らずの肌を保つためのサポートを行ってくれるのです。

ローヤルゼリーに含有される栄養素はどのように効果を発揮するのでしょうか。

肌トラブルのさまざまな原因から抜粋した4つの原因と、ローヤルゼリーの改善効果について詳しく見ていきましょう。

  • ストレス
  • ターンオーバーの乱れ
  • コラーゲンの減少
  • 皮脂の過剰分泌
2-1. 【肌トラブルの原因1】ストレス

ストレスを感じた状態が続くことで、ターンオーバーの乱れを引き起こし、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。

ストレスをなくすことが一番大事だと知ってはいても、ストレス社会と呼ばれる現代では、ストレスを消し去ることは大変難しいことでしょう。

ローヤルゼリーに含まれる「アセチルコリン」という成分には、ストレスを軽減する作用があります。

ストレスによるイライラ等を軽減するだけではなく、ストレスに強い体を手に入れる手助けをしてくれるというのです。

2-1-1. ストレスと自律神経

心臓や内臓を動かしたり、体温を調節したり、汗をかいたり、血液を全身に行きわたらせたり等、体の活動のおよそ90%は「自律神経」と呼ばれる神経によってコントロールされています。

体の活動のうち「持ち主の意思でコントロールすることができない活動」は自律神経によって牛耳られているのです。

自律神経は主に活動時に働く「交感神経」と、主に休息時に働く「副交感神経」の2つの神経からなり、2つの神経が交互にバランスよく働くことで、体のありとあらゆる活動を正常に保っています。

しかしながら、ストレスを抱えた状態が続くと、通常であれば副交感神経が働くべき場面でも交感神経が優位に働き続けてしまいます。

自律神経の活動バランスが乱れ、きちんと「働く・休む」の切り替えができなくなることで、そのうちに全身の細胞が疲労し、十分な活動を行うことができなくなってしまうのです。

ターンオーバーの乱れや過剰な皮脂分泌等の不具合を引き起こし、シワやシミ、ニキビ等の肌トラブルにもつながってしまいます。

2-1-2. アセチルコリンと自律神経

ローヤルゼリーにも含まれるアセチルコリンは、ストレスによって働き続けてしまう交感神経の活動を沈め、副交感神経を優位に働かせることで、心身の状態を安定し、リラックスさせる作用があります。

自律神経が正常に働けるようになることで、ターンオーバーや皮脂分泌も正常化し、肌環境が整えられることで、肌トラブルも改善へと導くことができます。

また、自律神経が正常に活動できるようになることで、イライラしたり、不安になったり等の精神の乱れを軽減させることもできます。ストレスに対抗できるように精神を整えてくれるのです。

さらに、ローヤルゼリーにはアセチルコリンの他にも、カルシウムやビタミンB1、パントテン酸などのストレス軽減作用のある栄養素が含まれています。

アセチルコリンだけではなく、さまざまな栄養素が協力して働くことによって、ストレス社会の中で上手く生きていくためのサポートを行ってくれるのです。

2-2. 【肌トラブルの原因2】ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れの原因の一つはストレスですが、その他にも加齢等が原因となって引き起こされる場合もあります。

加齢によるターンオーバーの不具合は不可抗力であり、どうすることもできないのかというとそうではありません。

もちろん限度はありますが、ある程度症状を軽減することは可能です。

年齢も年齢だからといって肌ケアをあきらめず、対処することによって、実年齢よりも若い肌を手に入れることができる可能性があるのです。

2-2-1. ターンオーバーを手助けする栄養素

ローヤルゼリーにはアセチルコリンの他にも、肌のターンオーバーをサポートする栄養素が幾つか含まれています。

中でもビタミンB群は肌の健康維持に欠かせない成分です。

ビタミンB群はそれぞれに異なった働きを持っていますが、単体では十分に作用することができず、互いに協力し合うことではじめて十分な効果を発揮することができるといわれています。

ローヤルゼリーには、ビタミンB群に該当する8種類のビタミンが全て含まれています。

さまざまなサプリメントを併用することなく、ローヤルゼリーを少量摂取するだけで、不足しがちなビタミンB群を全て摂取することができてしまうのです。

ローヤルゼリーに含まれる8種類のビタミンB群は以下の通りです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • パントテン酸
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • ビオチン

8種類のビタミンB群の中でもビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸はターンオーバーのサイクルを正常に保つ作用があり、肌トラブルの改善には大変重要な成分だといえます。

ビタミンB2

タンパク質の代謝に関わり、ターンオーバーを正常に保つことで、皮膚の健康を維持する作用があります。

不足することで肌が脂っぽく変化し、肌トラブルが起こりやすい肌環境をつくることにつながってしまいます。

ビタミンB6

ビタミンB2と共にタンパク質の代謝に関わりの深い成分です。

ホルモンバランスを整える作用もあり、月経前に起こる女性の肌トラブルを軽減する効果も期待できます。

パントテン酸(ビタミンB5)

体のさまざまな代謝に関わり、細胞を健康な状態に保つ作用があります。

他にもターンオーバーの乱れの原因の一つであるストレスを和らげる作用や、肌の弾力の元となるコラーゲンの合成に関わるビタミンCの働きをサポートする作用もあります。

あらゆる方向から皮膚の健康維持に働きかける栄養素です。

2-3. 【肌トラブルの原因3】コラーゲンの減少

紫外線や加齢等によってコラーゲンが減少することでシワやたるみ等の肌トラブルを引き起こしてしまいます。

紫外線によるダメージが原因で起こるコラーゲンの減少は、UVカット製品や、日焼け止めを使用することで抑制することは可能です。

では、加齢が原因で起こるコラーゲンの減少はどうでしょう。

結論から言ってしまうと、ターンオーバーの乱れと同様に、加齢によって引き起こされるコラーゲンの減少も完全に食い止めることは難しいですが、軽減することは可能です。

加齢だからとあきらめず、自分でも肌に対してできることをしてあげましょう。

2-3-1. コラーゲンとは?

そもそも「コラーゲン」とは、何でしょうか。

コラーゲンとは、タンパク質の一種であり、肌のハリや弾力を保つために欠かせない成分でもあります。

人間の皮膚は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層にわかれています。

皮膚のうち95%は真皮が占めており、真皮の約70%はコラーゲンによって構成されています。

ターンオーバーが正常に行われ、コラーゲンが十分につくられることで、形や弾力がキープされた、健康的で美しい肌を保つことができるのです。

2-3-2. 年齢と共に減少するコラーゲン

コラーゲンは年齢と共に減少する傾向にあります。

20代をピークに減少し始め、50代では20代の約半分の量にまで減ってしまうといわれています。

年齢を重ねるごとに体内で働く細胞も衰え、十分にコラーゲンをつくることができなくなってしまうのです。

また、加齢によってターンオーバーのサイクルも乱れ始めることで、コラーゲンの質も下がってしまうといわれています。

2-3-3. ローヤルゼリーのコラーゲン合成サポート効果

ローヤルゼリーには、コラーゲンの合成をサポートするパントテン酸が含まれています。

コラーゲンづくりに欠かせないビタミンCの働きを補助することで、コラーゲンの合成をスムーズに行えるように作用するのです。

パントテン酸の他にもターンオーバーを活性化させるビタミン群や、肌機能を維持する作用を持つ「類パロチン」、皮膚の老化を防ぐ抗酸化作用を持った栄養素等、ローヤルゼリーにはさまざまな成分が豊富に含まれています。

豊富に含まれたさまざまな栄養素が単体で作用したり、協力して作用することによって、衰えてしまった細胞の働きを助け、肌の健康をサポートしてくれるのです。老化による肌へのダメージも軽減する効果が期待できます。

また、コラーゲンの原料となるアミノ酸も、コラーゲンづくりにはもちろん必要不可欠な成分ですが、ローヤルゼリーには、9種類の必須アミノ酸から、15種類の非必須アミノ酸を含むその他のアミノ酸まで満遍なく含まれているため、原料の心配も無用だといえます。

コラーゲンの原料もコラーゲン合成をサポートする栄養素も、全てローヤルゼリーを摂取することで得ることができてしまうのです。

2-4. 【肌トラブルの原因4】皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌が過剰に行われることで、肌環境が悪化し、ニキビ等の肌トラブルの原因になってしまいます。

ストレスによる皮脂の過剰分泌はローヤルゼリーに含まれる栄養素の中でもアセチルコリンやカルシウム、ビタミンB1等のストレスを和らげる効果を持つ成分によって改善することができると既述しました。

その他にもローヤルゼリーには、皮脂分泌を整える作用を持つ栄養素が幾つか含まれています。

2-4-1. 皮脂分泌を整える栄養素

ローヤルゼリーに含まれる栄養素の中でも、皮脂分泌に関わりの深い栄養素は以下の2つです。

ビタミンB6

不足することで毛穴の開きや皮脂の過剰分泌によるベタつき、赤み等の肌トラブルを引き起こしてしまいます。

皮脂分泌が続くことで、毛穴のつまりを引き起こし、そのうちにニキビへとつながってしまいます。

きちんと摂取することによって、皮脂分泌を正常に保ち、肌の健康維持をサポートしてくれます。

デセン酸(10ヒドロキシデセン酸)

脂質の合成を抑制することで、皮脂の分泌を調整する作用があります。

また、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」に似た作用を持ち、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルを軽減する効果も期待できます。

3. 栄養素はそれぞれの働きをサポートすることでより強い効果を発揮する

ビタミンB群は互いに協力することによって、はじめて十分な効果を発揮することができるとお伝えしました。

その他の栄養素も同様で、お互いの働きをサポートすることによって、より強い効果を発揮することができるようになります。

一種の栄養素だけではなく、複数の栄養素をきちんとバランスよく摂取することによって、健康な体、健康な肌を手に入れることができるのです。

何か一つの原因を解決しても肌トラブルが改善されない場合、自分が気づかない原因となる事柄が隠れている場合があります。

そのような場合、ローヤルゼリーの摂取をはじめてみるのも手かもしれません。

毎日バランスのとれた食事を続けることは難しいですが、ローヤルゼリーを少量、もしくは数粒飲み続けることは簡単ではないでしょうか。

毎日の積み重ねが未来の肌の状態にも繋がります。

日々摂取を続けることによって、体が本来の働きを取り戻し、自然に健康な美しい肌へと導いてくれるでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
高品質・40歳からのローヤルゼリー
画像
No.3
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.4
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
試せる!
山田養蜂場RJスキンケア
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…