ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
40歳からのローヤルゼリー
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

ローヤルゼリーと育毛

1. ローヤルゼリーは薄毛対策にも効果を発揮する?!

「自然の妙薬」とも謳われ、豊富な栄養素を含有するローヤルゼリーは日本人の多くが悩む薄毛の対策にも効果を発揮するといわれています。

ここでは、ローヤルゼリーが薄毛対策に効果的なその理由と効果を十分に得るために注意すべきポイント等について、詳しくご紹介します。

2. 薄毛の原因

ローヤルゼリーの薄毛抑制効果について知る前に「何故薄毛になってしまうのか?」その原因を知る必要があります。

原因を知り、改善することで、ローヤルゼリーに頼らなくても薄毛を防ぐことができたり、進行を事前に食い止められたりする可能性があります。きちんと原因を知り、それにあった対策を進んで行うことはとても大切なことなのです。

薄毛の原因のうち代表的な7種類について詳しくみていきましょう。

2-1. ストレス

薄毛の大半は「ストレス」が原因で発症します。

ストレスを感じた状態が続くと血管が収縮した状態も続き、血流が悪化してしまいます。

髪の毛にとって必要な栄養素は血液によって運ばれます。血流が悪化すると髪に十分な栄養が運ばれず、毛の質は悪化し、弱く細くなり、次第に髪は抜け落ち、栄養不足で発毛することもできず、薄毛になってしまうのです。

改善方法

ストレスを改善するために有効な方法は様々ですが、特におすすめの方法は毎日軽い運動を続けることです。

運動は筋肉や体力をつけるだけではなく、ストレス軽減にも効果を発揮することが実証されています。

運動することで、体内で幸福感の源となる神経伝達物質「セロトニン」や「エンドルフィン」が増加し、気分をスッキリとした前向きな気持ちに転換し、イライラや不安感を消し去ってくれるのです。

また、適度に疲労することは、快眠誘導にもつながります。ストレスによる不眠に悩んでいる人にもおすすめの改善法です。

毎日無理のないように自分が気持ちいいと感じる範囲で続けるようにしましょう。

2-2. 食生活の乱れ

薄毛の原因としてストレスに次いで二番目に多いと言われているのは「食生活の乱れ」です。特にファストフードに代表される欧米型で肉中心の食生活は薄毛のリスクが高いため注意が必要です。

肉類の脂は「飽和脂肪酸」という、常温で固まる、血中に留まりやすい脂です。そのため肉類を過剰摂取するとドロドロ血液の原因になってしまいます。

ドロドロ血液になってしまうと血流が悪化し、髪の毛に十分な栄養が届きづらくなるだけではなく、余分に摂取した脂が頭皮の毛穴から分泌されることで、毛穴を塞ぎ、つまらせてしまうことにもつながります。毛穴詰まりが続くことで頭皮環境は悪化し、抜け毛、薄毛へと進んでしまうのです。

肉中心のバランスの乱れた食事を続けることは、薄毛一直線の環境を自ら作ってしまうような行為だといえるでしょう。

改善方法

バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素を摂取することはもちろん、サポートとなるビタミンやミネラルも摂取することで、髪の毛に必要な十分な栄養素を摂取することができるでしょう。

どうしても難しいようであればサプリメントを活用するのも一つの手です。

また、食事の中心を肉から魚に変えることも効果的です。魚類の脂は肉類と違い「不飽和脂肪酸」というサラサラとした固まりにくい脂です。そのためドロドロ血液になりにくく、血流悪化や毛穴づまりを防止することができます。

魚中心のバランスのとれた食事で薄毛知らずの健康体を手に入れましょう。

2-3. 睡眠不足

「睡眠」は心身のリラックスとダメージの修復に必要不可欠な行為です。

睡眠が不足した状態が続くと、体や心が受けたダメージを十分にケアすることができない状態も続いてしまいます。

特に、毛髪や頭皮は身体の中でも重要度が低い部位であるため、真っ先に修復候補から外れてしまいます。

睡眠不足状態が続くと身体の判断で頭皮や髪の毛への栄養運搬がストップされたり、ターンオーバーが正常に行われなくなったりしてしまうのです。

睡眠不足=育毛にとって好ましくない環境を作り出してしまう行為でもあるのです。

改善方法

何より十分に睡眠をとるように心がけることが必要です。

特に「成長ホルモン」の活動が活発になると言われている夜10時から深夜2時までの4時間は育毛にとっても大切な時間です。

この時間帯にきちんと睡眠をとることで、毛髪の成長を促進させるだけではなく、心身共にリラックスした状態に整えることができます。

薄毛の原因の一つであるストレスを軽減させることにもつながるのです。

不眠の改善にはストレスの改善と同様に「運動」が効果的です。適度な疲労感には自然に快眠へと導く作用がありますし、さらに、昼間、日光を浴びながら運動を行うことで体内時計を正常にリセットすることもできます。

体内時計が整い、生活リズムが正常化することで、より眠りにつきやすい身体を得ることができるのです。

どうしても不眠を改善することができないという場合もあるかもしれません。そういった場合には一人で無理せず専門医の力を借りるようにしましょう。睡眠外来を受診することで症状が楽になる場合があります。

一人で抱え込まず、助けを求めることも大切です。

2-4. ジヒドロテストロンと遺伝

男性らしい身体づくりや精子の生成等に大きく関わる男性ホルモン「テストステロン」は「5α-リダクターゼ」という酵素と結びつくことで、より強力な「ジヒドロテストロン(DHT)」という男性ホルモンに変異します。

ジヒドロテストロンは男性型脱毛症(AGA)の原因であり、髪の毛の元となる細胞の働きを低下させ、伸びる⇒抜ける⇒生えるといった毛髪の成長サイクルを狂わせる作用があります。

男性ホルモンが薄毛の原因?

「男性ホルモンが薄毛の原因」だとよく言われていますが、合っている部分もあれば間違っている部分もあります。

あくまでも5α-リダクターゼと結合後のジヒドロテストロンが髪の毛にとって悪なのであって、結合する前のテストステロンは髪の毛にとっては無害なのです。

5α-リダクターゼの量は遺伝する?

5α-リダクターゼは髪の毛にとっては有害に働いてしまいますが、本来はテストステロンの補助をする働きがあり、健康な身体づくりに必要な存在です。

個々が持つ5α-リダクターゼの量には個人差ありますが、やはり量が多い人は薄毛になりやすい傾向があるといわれています。

そして、5α-リダクターゼの量は遺伝することもわかっています。「薄毛は遺伝する」とよく言われますが、その通りで、遺伝も薄毛の大きな原因の一つなのです。

改善方法

AGA治療では5α-リダクターゼを抑制し、ジヒドロテストロンの生成を止めることが重要だといわれています。

AGAは残念ながら完治させることは難しいですが、専門医の治療を受けることで進行を遅らせたり、現状維持したり、発毛を促したりすることは可能です。

また、遺伝子検査を行うことでAGAが発症しやすいか、そうでないか知ることもできます。

専門医を受診し、治療を受けることで、薄毛症状が改善するだけではなく、悩みがや不安が軽減する可能性もあるため、少しでもお悩みの場合には専門医の受診をおすすめします。

2-5. 女性ホルモンの減少

女性の薄毛に大きく関わるのが女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンには女性らしい体づくりをサポートする「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、妊娠をサポートする「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。

どちらも女性の身体を形成するために欠かせないホルモンですが、特にエストロゲンには、伸びる⇒抜ける⇒生えるといったヘアサイクルを整え、毛髪の成長を促す働きがあるため、女性の太く美しい髪を保つために必要不可欠なホルモンだといえます。

しかしながら、20歳をピークにエストロゲンの分泌量は徐々に減少し、それに比例するように髪の毛の美しさも徐々に損なわれていってしまいます。

髪のパサつきが目立つようになったり、弱く細い髪の毛へと変化することで髪の毛のボリュームが低下したり、薄毛や抜け毛を引き起こしたりといった髪の悩みの諸症状へとつながってしまうのです。

このようにエストロゲンの減少によって引き起こされる脱毛症状を「FAGA(女性男性型脱毛症)」といいます。

エストロゲンの減少は加齢以外にも無理なダイエットやストレス、不規則な生活習慣等によっても引き起こされます。

FAGAは年齢に関係なく発症する可能性があるのです。

改善方法

加齢以外が原因の場合には、エストロゲン減少の原因となる行為を控えることで薄毛を予防することができます。

ストレスが原因の場合にも適度な運動を行ったり、自分なりのストレス発散方法を見つけたりして、ストレスを溜め込まないようにする必要があります。

加齢が原因の場合には、ホルモンバランスが整うように注意することが大切です。

女性ホルモンに似た作用を持つといわれている大豆イソフラボンを摂取することによって、症状を緩和することができる可能性があります。

しかしながら、イソフラボンの女性ホルモン様作用は「エクオール産生菌」という腸内細菌が腸内にいるかどうかによって、効果を十分に得ることができる人とできない人にはっきりわかれるため注意が必要です。

日本人の場合、その割合はおよそ半々だといわれていますので、一度試してみる価値はあるかもしれません。

ですが、真剣に悩んでいて確かな効果を得たい場合には、不確かなイソフラボンに頼るのではなく、一度専門医の受診を行うことをおすすめします。

専門医の診断を受けることで薄毛の原因をはっきりさせることができますし、適切なケアを行うことで悩みの種が一つ消える可能性もあります。

悩みはストレスとなり、さらに薄毛を促進させてしまうかもしれません。なかなか言いにくい悩みかもしれませんが、一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

2-6. 喫煙

「百害あって一利なし」と言われるタバコは髪の毛にも悪影響を与えてしまう存在です。

タバコを吸うことによって髪の毛にとっても大切な働きを担う、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB12等の栄養素が大量に消費されてしまいます。

また、タバコに含まれるニコチンの影響で血管が収縮し、血流が悪化することで、髪の毛に必要なその他の栄養素も十分に行き届かなくなってしまいます。

さらに、喫煙することで体内に取り込まれた一酸化炭素がヘモグロビンと結びつくことでその働きを阻害してしまうこともわかっています。

ヘモグロビンは全身に酸素を運搬する働きを担っているため、喫煙の影響でこの働きが阻害されると、全身が酸素不足に陥り、一つ一つの細胞が十分に働けなくなってしまいます。

タバコが持つ有害物質はあらゆる方向から髪の毛に悪影響を及ぼし、抜け毛や薄毛の引き金になってしまうのです。

改善方法

タバコを吸うことは髪の毛にとって害でしかありません。薄毛に悩んでいる場合には今すぐに禁煙する必要があります。

「薄毛に悩んでいるけど、どうしてもタバコをやめることができない」という場合には禁煙外来を受診することをおすすめします。

ただでさえ「百害あって一利なし」と言われるタバコです。髪の毛にも悪影響を及ぼすということを知った今こそ、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。タバコをやめることで薄毛の悩みからも解消されるかもしれません。

2-7. 髪染めと整髪料

髪染めや整髪料の使用は髪の毛や頭皮に負担をかけてしまう行為です。

髪を染めてすぐに抜け毛や薄毛につながるわけではありませんが、何度も頻繁に繰り返し行うことで髪や頭皮への負担は増加し、抜け毛や髪のパサつき等を引き起こしてしまうことにつながります。

また、ワックス等の整髪料を長時間つけ続けると、頭皮の毛穴を塞ぎ、毛髪の成長を妨げてしまう可能性があります。

改善方法

代表的な4つのカラーリング方法を髪や頭皮への負担が軽い順に並べると、ヘアマスカラ、ヘアマニキュア、ヘアカラー、ブリーチの順になります。

髪染めをしないことが一番ですが、どうしても染めたいという場合には、最も負担がかかるブリーチは控えるようにして、なるべくダメージの少ない方法を選ぶようにしましょう。

市販のヘアカラーリング剤を使用するのではなく、美容院やヘアサロン等の専門店で染髪することも大切です。

専門店では、ダメージを抑えたカラーリング剤を使用していたり、髪の状態によって部分部分でカラーリング剤の強さを調整している場合があります。専門職の人に染髪してもらうことで髪や頭皮への負担を最小限に抑えることができるのです。

また、整髪料も過度な使用は控える必要があります。使用する際には最低限の量でスタイリングできるように工夫しましょう。

自然体の髪でおしゃれを楽しめるようにすることが大切です。

3. ローヤルゼリーの育毛効果

ローヤルゼリーには炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等、さまざまな栄養素が満遍なく含まれています。

摂取し、普段不足しがちな栄養素が補われることによって、髪の毛にとっても必ずや良い効果をもたらしてくれることでしょう。

特に、ローヤルゼリーには以下のような作用があるため、薄毛や抜け毛の原因となる事象を消し去り、育毛をサポートする効果が期待できます。(それぞれの作用について詳しくは次項から順にご紹介しています。細かく知りたい方はご確認ください。)

ご紹介してきた薄毛の原因それぞれにあった改善方法をきちんと行った上で、それにプラスしてローヤルゼリーの摂取を続けることで、育毛効果を十分に得ることが可能です。

不規則な生活習慣のままや、喫煙を続けたままでは、当たり前ですが、効果を得ることはできませんので注意しましょう。

3-1. ストレス軽減作用

人体の活動のおよそ90パーセントは、体の持ち主自身の意思ではコントロールすることができない活動です。

心臓を動かしたり、体温を調節したり、食べ物を消化したり、それらの非常に重要な活動は「自律神経」という神経によって担われています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つから成り、2つの神経を交互に活動させ、「活動」と「休息」のバランスを保つことで、体の活動を正常に保っています。

不規則な生活やストレスを感じた状態が続くと、自律神経の活動バランスが乱れ、さまざまな体の活動に支障をきたしてしまいます。そのうちに抜け毛や薄毛という髪の悩みにつながってしまうのです。

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには、ストレスによって乱れてしまった自律神経の働きを正常に整える働きがあります。

交感神経と副交感神経の活動バランスを整えることで、ストレスを軽減し、心身共にリラックスした状態へと導く作用があるのです。

自律神経のバランスが整うことによって、髪の毛にも栄養が行き渡るようになり、代謝もスムーズに行われるようになります。ヘアサイクルも正常化し、自然と薄毛も改善されるでしょう。

3-2. 血流改善作用

ローヤルゼリーに含まれるイノシトールやリジン、メチオニン等の栄養素には、コレステロールや脂質の代謝を促進させる作用があります。

ドロドロ血液による血流の滞りや血栓を予防し、全身に酸素や栄養素を十分に行き渡らせるためのサポートを行うのです。

脂質の代謝が促されることで、毛穴から分泌される余分な脂も軽減し、毛穴づまりを防ぎ、頭皮環境も整備することができます。育毛にとって大切な土台となる環境を整えることができるのです。

しかしながら、偏った食生活や乱れた生活習慣を続けている上でローヤルゼリーの摂取を行ったとしても、当然のことながら焼け石に水ですので注意をしましょう。

バランスのとれた食生活にプラスする形で、ローヤルゼリーの摂取をはじめることで、ゆっくりと確実に体内環境が改善され、育毛につながる効果を得ることができるのです。

3-3. 代謝促進作用

ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、ビオチン等のビタミンには、代謝のサイクルを正常化することで、頭皮や毛髪の美しさを保つ効果があります。

細胞の生まれ変わりを促進することで、髪の育成を促し、抜け毛や薄毛を予防するだけではなく、頭皮の毛穴のつまりを防ぎ、育毛のための頭皮環境を整えます。

ビタミン類は単体では十分に働くことができません。ビオチンの働きをビタミンB6が助けたり、パントテン酸の働きをビタミンCが助けたり・・・、複数のビタミンが協力して働くことで、より満足な効果を得ることができます。

ローヤルゼリーにはこの項目で挙げた栄養素のほとんどが含まれていますので、他のサプリメントと併用する必要はありません。

ローヤルゼリー一つを摂取するだけで必要な栄養素を複数個まとめて得ることができるのですから、それだけでもローヤルゼリーを選ぶ価値があると言えるのではないでしょうか。

3-4. 女性ホルモン様作用

ローヤルゼリーには炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン等の栄養素の他に、ローヤルゼリーのみが含有する特有成分が幾つか含まれています。

中でも、デセン酸(10-ヒドロキシデセン酸)という有機酸は、「その含有量でローヤルゼリーの品質が決まる」と言われるほど、ローヤルゼリーにとって重要であり、中心となっている成分です。

そんなデセン酸は2種類の女性ホルモンのうち、女性らしさを作るホルモンである「エストロゲン」に似た働きを持っています。

加齢やストレス等によって減少したエストロゲンの働きを補い、ホルモンバランスを保つことによって、抜け毛や薄毛を防ぎ、髪の美しさを持続させる効果が期待できるのです。

4. ローヤルゼリーを摂取する際のポイント

ローヤルゼリーを摂ることによって、髪にとって良い働きをもつ成分を一度に複数まとめて摂取することができます。

その働きを十分に得るためには、薄毛の原因となるような行為を控えることは必要なのはもちろんですが、その他にも、ローヤルゼリーを摂取する際に注意しなければいけないポイントが幾つかあります。

ここでは、特に重要だと思われる3点にしぼってご紹介します。

4-1. ローヤルゼリーは遅効性であることを忘れてはいけません!

ローヤルゼリーは速攻薬ではありませんので、長く摂取し続ける必要があります。

摂取し続けることでじわりじわりと優しく体に浸透していくように効果を発揮します。「治す」というよりは「体の機能を正常に戻す」というほうが正しいかもしれません。

効果が実感できないからといって、途中で摂取をやめてしまってはそれまでの積み重ねが無駄になってしまうかもしれません。

ぜひ、効果を得られる瞬間まで踏ん張って摂取を続けてみてください。実感できたその時には、芯からの健康体になっていることでしょう。

4-2. 毎日飲み続けることができる製品を選びましょう!

ローヤルゼリー製品には生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類があります。
ローヤルゼリーとしての栄養価は生の状態が一番高く、加工されるごとに減少していきますが、生の状態のローヤルゼリーは味に少々癖があるため、苦手に感じる人も多いようです。毎日続けて摂取することを困難に感じ、途中で摂取をやめてしまう人も少なくありません。

決して安い買い物ではありませんから、はじめは飲みやすく調整された調整ローヤルゼリーから摂取をはじめて、慣れてきたら生ローヤルゼリーに調整してみるというのも良いかもしれません。

ローヤルゼリーは摂取し続けてこそ意味があるものですので、無理せず毎日続けて摂ることができるものを選ぶようにしましょう。

4-3. ローヤルゼリーの品質に注意しましょう!

市場には幾つものローヤルゼリー製品が出回っています。その中から良い製品を見極めるのはなかなか難しいことです。

迷った際に、ローヤルゼリー製品の品質を見極める判断基準となるのがローヤルゼリー製品のパッケージに表示されている公正マークです。

公正マークは「全国ローヤルゼリー公正取引協議会」によって、選ばれたローヤルゼリーのみに貼られています。

全国ローヤルゼリー公正取引協議会は、消費者のもとに安心安全なローヤルゼリーが届けられるように、ローヤルゼリー製品の試買検査や工場への立ち入り検査を実施しています。

「品質基準を満たしているか」「含有成分の安全は確かか」「工場や作業員の衛生管理はきちんとされているか」等、さまざまな検査項目を一つ一つ厳しくチェックします。

公正マークは毎年更新され、1年毎に再検査があるため、品質管理と安心安全へのこだわりは徹底されていると言ってよいでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
高品質・40歳からのローヤルゼリー
画像
No.3
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.4
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
試せる!
山田養蜂場RJスキンケア
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…