ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
40歳からのローヤルゼリー
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

ローヤルゼリーとミネラル

ミネラル(無機質)とは?

 ミネラルとは何でしょう?

「言葉として耳にしたことはあるけれど、詳しくは知らない」
「なんとなく健康に良さそうだけど、どのような働きがあるのかはわからない」
という人が多いのではないでしょうか。

 ミネラルは、直訳すると「鉱物」ですが、ここでいう栄養素のミネラルは「生体を構成するために必要な元素」のことを指します。

 体のおよそ96%は「酸素」「炭素」「水素」「窒素」の4元素で構成されています。96%の内訳は以下のようになります。

  • 酸素:65%
  • 炭素:18%
  • 水素:10%
  • 窒素:3%

 そして、上記を除いた残りの4%がミネラルです。体を構成する元素のうち、4元素以外の全ての元素をミネラルと呼ぶのです。

五大栄養素とミネラル

 ミネラルはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと同様に五大栄養素の一つです。

 五大栄養素の中でもタンパク質、脂質、炭水化物は三大栄養素と呼ばれ、体づくりの材料やエネルギー源にもなる大変重要な栄養素です。

 それらと比べるとビタミンやミネラルはそれほど重要ではないように感じてしまいますが、ビタミンやミネラルも体の働きの維持や調整を行ったり、病気への抵抗力を身につけたりするために欠かせない栄養素です。

 わたしたちの体にとって大切な役割を担っていることに変わりはありません。

補助因子としてのビタミン、ミネラル

 また、ビタミンやミネラルは酵素の働きを助ける「補助因子」としての役割も担っています。

 補助因子とは、酵素が働く際に必要な物質のことです。

 細かく言うとビタミンは「補酵素」、ミネラルは「金属イオン(補因子)」に分類されますが、酵素の働きをサポートするという意味ではどちらも同じです。

酵素とは?

 生命活動を維持するために栄養素よりも大切だと言われている成分が「酵素」です。

 わたしたちの体は体内で起こる様々な科学反応によって健康に保たれています。食べたものを消化・分解したり、栄養素を吸収したり、代謝を行ったり、血液や細胞をつくったり・・・。ほとんどすべての生命活動はさまざまな成分が化学反応を起こすことによって行われているのです。

 酵素はそのような化学反応の仲介役である「触媒」としての働きを担っています。

 酵素が不足することによって、化学反応を円滑に行うことができず、代謝が急激に落ちてしまいます。それにより、痩せにくくなったり、シワやたるみが目立つようになったり、血液がドロドロになったりといったさまざまな悪影響を体に与えてしまうのです。

 酵素は栄養素ではありませんが、すべての生物が生きていく上で必要不可欠な物質なのです。

酵素と補助因子

 酵素の中には単体ではうまく力を発揮することができない種類も存在しています。そのような場合にサポート役として働くのがビタミンやミネラル等の補助因子です。

 タンパク質の一種である酵素と補助因子がくっつくことによって、化学反応を円滑に進めることが可能になるのです。

 さまざまなビタミンやミネラルがそれぞれに別の酵素の働きを助けるように作用するので、バランスよく、満遍なく摂取することが必要になります。

必須ミネラル

 ミネラルのうち生体に必須であると考えられているものは26種類であり、そのうち人間の体には16種類が必須であるとされています。

 さらに、必須ミネラルは1日に必要な摂取量によって、「主要ミネラル」と「微量ミネラル」の大きく分けて2つに分類することができます。

 必須ミネラルとそれぞれの作用については以下のリンクから確認することができます。詳しく知りたい方は以下のリンクをクリックしてください。

体内では作ることができない栄養素

 ミネラルはそれほど多くの量を摂取する必要はありませんが、体内でつくることができないため、日々の食事から摂る必要があります。

 ミネラルが多く含まれている食品には、海藻類、野菜、果物、豆類、きのこ類、芋類が上げられますが、それぞれの栄養素ごとに多く含まれる食品も変わってきます。

 ミネラルの種類とそれらが多く含まれている食材について詳しく知りたい方は以下のリンクをクリックしてください。

不足しやすいミネラルと摂り過ぎる心配のあるミネラル

 ミネラルは摂り過ぎても少なすぎても体にとって良くはありません。体に必要な量も種類によって異なるため注意が必要です。

 必須ミネラルのうちイオウ、塩素、コバルトの3つを除いた13種類は厚生労働省によって摂取基準も定められていますので、気になるようでしたらそちらも確認するようにしましょう。

不足しがちなミネラル
カルシウム

 カルシウムは比較的吸収率が悪い栄養素であり、さらにどのような食材にも多く含まれているわけではないため、自分から心がけて摂取しないと不足してしまいがちになってしまいます。

 不足することによって骨や歯がもろく弱くなり、骨粗しょう症になるリスクが高まります。

 厚生労働省によって定められているカルシウム摂取量の上限は2300ミリグラムです。これは牛乳で換算するとおよそ2リットル分に相当します。そのため、よほどのことがなければカルシウムを摂り過ぎるような心配はありません。

 また、摂り過ぎたことによる害もないと考えられていますので、進んで摂取するようにしましょう。

 鉄が不足すると赤血球をつくることができなくなり、貧血になってしまいます。

 貧血になると体中に酸素を行き渡らせることができなくなり、体が酸素不足に陥り、肌が青白く変化し、頭痛や脱力感等を引き起こします。

 さらに気づかずに症状が進行してしまうと、動悸、息切れ、めまい等、心臓に関わる諸症状を引き起こし、心不全の原因ともなり得るため、早めの対処が必要です。

 鉄が不足する原因として最も多く上げられるものは「出血により体から多量の血液を失うこと」です。特に女性は月経や、妊娠・出産等によって鉄が失われる機会も多いため、男性よりも注意して摂取する必要があります。

 鉄を摂り過ぎるということは通常の食生活ではほとんど考えられません。何故なら、カルシウムと同様に体への吸収率が低いためです。

 食事に含まれる鉄量の20%以下しか体に吸収することができないため、普通に食事をしていたのでは不足してしまう可能性が高くなります。

 しかしながら、繰り返しの輸血を行っていたり、アルコール依存症であったり、よほど過剰に摂取していたり、といった場合には、鉄が体内に蓄積されている可能性があります。

 鉄の過剰摂取は嘔吐や下痢を引き起こし、内蔵を損傷させることにも繋がります。

 先ほども述べたように、よほどのことがなければ過剰摂取する心配はありませんが、サプリメント等で鉄を補給しようと考えている場合には、摂り過ぎに充分注意して摂取するようにしましょう。

摂り過ぎる心配があるミネラル
ナトリウム

 ナトリウムは食塩に多く含まれています。

 ナトリウムの一日の摂取基準を食塩で換算すると、男性が約8.0g未満、女性は約7.0g未満になります。

 日本人の平均的な食生活で摂取できている食塩の量は、1日あたり約11.4gであり、少し多く摂取できているくらいです。普段の食生活で充分な量を摂取することができているため、不足する心配はほとんどありません。

 逆に過剰摂取は心配されますが、必要以上に摂取したとしてもその分排泄されるため、1日、2日であれば、あまり心配する必要はありません。

 しかしながら、これが1週間、一ヶ月となり、食塩過多の食生活がずっと続くようでは話は別です。

 食塩が排泄しきれず体内に蓄積されてしまう恐れがあります。それにより、むくみ、高血圧を引き起こし、脳卒中、胃がん等の大病のリスクを高めてしまうのです。

 日本人の食生活では食塩過多になりがちですので、いつもより少し塩分の量を減らすくらいが調度良いのかもしれません。

ローヤルゼリーとミネラル

 ローヤルゼリーには必須ミネラルのうち主要ミネラルと微量ミネラルが4種類ずつ、合計8種類のミネラルが含まれています。

ローヤルゼリーに含有されているミネラル
主要ミネラル
  • カルシウム
  • リン
  • マグネシウム
  • カリウム
微量ミネラル
  • 亜鉛
  • マンガン

 もちろんローヤルゼリーを摂取しただけでは、すべてのミネラルを摂取することはできません。

 しかしながら、特にミネラルは体内でつくることができない栄養素であるため、一度にこれほどの種類のミネラルを摂取できるのはとても嬉しいことではないでしょうか。

 特に、一日に100mg以上摂取する必要がある主要ミネラル、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムの含有量が高いということも嬉しいですね。

 また、不足しがちなカルシウムと鉄が含有されていて、過剰摂取しがちだと言われているナトリウムは含まれていないという点も、まるで狙っているかのような嬉しい特典です。

 さらに、ローヤルゼリーに含まれているのは、もちろんミネラルだけではありません。タンパク質、アミノ酸、ビタミン類、糖類、その他特有成分など、さまざまな栄養成分がバランスよく含まれているのです。

 その中にはミネラルの吸収をサポートするように働く栄養素もあります。例えば、ビタミンDはカルシウムやリン、ビタミンCは鉄の吸収を高める作用があります。

 カルシウムも鉄も吸収率が悪く、不足しがちな栄養素ですが、ビタミンが吸収を助けることによって、栄養の取りこぼしを抑えることができるのです。

 このようにローヤルゼリーに含まれるさまざまな栄養素は、協力して作用することによって、さらに健康効果を高めることが可能になります。

 毎日摂取することによって、日々の生活をサポートしてくれることはまず間違いないでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
高品質・40歳からのローヤルゼリー
画像
No.3
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.4
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
エモリ―Rジェル

さらに調べる…