性機能障害とローヤルゼリー

ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

性機能障害とローヤルゼリー

ローヤルゼリーは日本に伝来した当初、男性向けの精力剤や回春剤として売り出されていました。

近年では女性に向けた美肌効果やアンチエイジング効果を謳ったローヤルゼリー製品が目立っていますが、精力剤としての効果が偽りだったわけではありません。現在でもその効果は多いに期待できるのです。

ここではローヤルゼリーの性機能改善作用について詳しくご紹介しています。

1. 性機能障害の症状

日本人男性のおよそ1130万もの人が満足な勃起ができていないとされ、40代では2割、50代では4割、60代では8割がED(勃起不全)であるといわれています。性に関するデリケートな問題ですから口にしないだけで実際は多くの人が悩んでいるのかもしれません。

EDの他にも性欲の低下や朝立ちの回数の減少等を訴える人も少なくありません。性機能の衰えの主な症状は以下の通りです。

  • 性欲や性的衝動の減少
  • 勃起時間が短く維持することが困難
  • すぐに射精してしまう
  • 朝立ちの減少
  • 性行為に対する喜びの低下

性機能障害の中でもEDである場合には注意が必要です。そのままにしてしまうと心筋梗塞や脳梗塞等の大病を患う危険性が高いといわれています。

デリケートな問題であるため相談しづらいかもしれませんが、性機能の衰えに気づいた場合にはきちんと専門医の診察を受けるようにしましょう。

2. 男性の正常な性機能

そもそも正常な性機能は心身が複雑に相互作用し性的反応を起こすことで下記の順で引き起こされます。

性欲(性衝動、性的欲求)

性行為をしたいという願望であり「思考」「言葉」「視覚」「嗅覚」「触覚」によって誘発される。

興奮(性的興奮)

興奮が起こると全身の筋肉が緊張する他、下記の順で勃起が起こる。

  1. 脳から陰茎に信号が伝わり、勃起組織に繋がる動脈が拡がる。
  2. 血流が増加し、海綿体が充血・膨張。
  3. 陰茎からの通常時に血液排出を行う静脈に圧力がかかる。
  4. 陰茎内の血圧が上昇、硬直と勃起が起こる。
プラトー期(持続段階)

興奮と筋肉の緊張が増大する。

オルガズムと射精

オルガズムと射精はほぼ同時に引き起こされ、オルガズムに達することなく射精する場合もある。また、射精がなくオルガズムだけが起こる場合もある。

  1. オルガズム
    性的興奮の頂点。強い快感を伴う。全身の筋肉の緊張がさらに高まり、骨盤筋が収縮する。
  2. 射精
    神経によって男性生殖器の筋肉の収縮が刺激されることで起こる。収縮により精液が尿道に押し出され、尿道周辺の筋肉が収縮することで外に放出される。
消退期

身体が興奮していない状態に戻る。陰茎も柔らかい状態になる。

オルガズムが起こった後はしばらく勃起することができなくなり、再び勃起できるようになるまでの時間は加齢と共に長くなる。

3. 性機能低下の原因

男性の性機能が衰える主な原因は大きく分けて「ストレス等の心因的要因」と「生活習慣病等の身体的要因」の2点に分類できます。

男性の性機能が衰える原因のほとんどは心因的要因であるとされ、次に考えられるのが身体的要因だとされています。

  • 主な心因的要因
  • ストレス
  • うつ症状
  • 怒り
  • 過去の性体験に関するトラウマ
  • 主な身体的要因
  • 糖尿病や動脈硬化等の生活習慣病
  • 男性ホルモンの減少
  • 習慣的な喫煙による血流の悪化

ローヤルゼリーは上記の中でもストレスや生活習慣病が原因で引き起こされる性機能障害に効果を発揮します。

ローヤルゼリーには「アセチルコリン」や「パントテン酸」等、ストレス緩和効果が期待できる栄養素のほか、「ビタミンB1」や「ビタミンB6」、「フィニールアラニン」等、精神安定に関わるビタミンやアミノ酸、ミネラル等も豊富に含まれているため意欲の低下や不安感の改善にも作用します。

先述したように「男性の性機能が衰える原因のほとんどは心因的要因」だといわれていますから、ストレスを和らげることで性機能が改善する可能性も大いにあるのです。

また、「ビタミン12」「葉酸」「アルギニン」等、糖尿病や動脈硬化等の生活習慣病の予防・改善をサポートする栄養素も含まれているため、身体的要因改善のサポートも行ってくれることでしょう。

滋養強壮剤のように急激に性機能を高めることはできませんが、心身をリフレッシュさせることによって自然に本来のちからを引き出す効果が期待できるのです。

4. 男性の更年期障害

性機能の衰えには「男性更年期障害」も関係しています。

更年期障害というと女性の病気というイメージがありますが、更年期障害は男性にもあり、性機能の衰えだけではなくさまざまな不調が現れます。

4-1. 男性ホルモンの減少と男性更年期障害

男性更年期障害は加齢やストレス等によって男性ホルモンの一種である「テストステロン」が大幅に減少することで心身にさまざまな不調が引き起こされる状態を指します。

テストステロンとは、髭や筋肉の維持や生殖機能を正常に働かせるために必要なホルモンです。いわゆる男性らしい見た目だけではなく、精神安定にも深く関わっています。

テストステロンの量は20歳くらいを皮切りに徐々に減少します。一般的に男性ホルモンは女性ホルモンよりも緩やかに減少すると言われていましたが、ストレス社会と呼ばれるようになった近年では急激な減少を見せることも少なくありません。

男性ホルモンの減少は性機能の衰えを招きますが、その他にもさまざまな不調を引き起こします。男性更年期障害の主な症状は以下の通りです。

  • 身体的症状
  • 身体のほてり
  • 耳鳴りやめまい
  • 筋力の低下
  • 手足や背中の痛み
  • 髭が伸びにくい
  • 精神的症状
  • イライラ
  • 不安感
  • 食欲の低下
  • 寝付きが悪い
  • 集中力ややる気の低下

ローヤルゼリーには男性ホルモン・テストステロンに似た働きを持った物質が含まれています。減少した男性ホルモンの働きを補うことで男性更年期障害の症状を改善する作用があるのです。

また、同じくローヤルゼリーに含まれている「亜鉛」には、精子自体の減少や、精子の運動量の低下を抑制する作用があります。ストレスや加齢が原因で衰えた精子の働きを改善する効果が期待できるのです。

加齢による性機能の低下は諦めてしまうことも多いかもしれませんが、まずは医師に相談の上、ローヤルゼリーの摂取を始めてみるのも改善への一歩かもしれません。

5. ローヤルゼリーは遅効性

ローヤルゼリーに含まれる豊富な成分はさまざまな働きで性機能改善に役立つことがわかりました。

しかしながら、ローヤルゼリーは即効薬ではないため、「今すぐ精力増強させたい!」という場合には無力だといえます。

毎日決まった量を摂取を続けることで、心身共に健康な状態になり、その結果、正常な男性機能を取り戻すことができるのです。

また、生活習慣が乱れたまま摂取を続けることも無意味なことだといえます。ローヤルゼリーの健康効果を得るためには努力も必要だということを忘れてはなりません。

摂取を続けることで、即効性はなくとも、「天然の精力剤」としての効果は十分に発揮してくれることでしょう。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
画像
No.3
薬院オーガニックのローヤルゼリー
画像
No.4
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.5
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
試せる!
山田養蜂場RJスキンケア
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…