ローヤルゼリーの効果効能.com

豊富な購入者レビューと詳細な項目別比較ランキング

メインイメージ
画像
酵素分解ローヤルゼリーキング
ランキング第一位のサプリメント
画像
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
ランキング第二位のサプリメント
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
人気のスキンケア製品
画像

胃腸とローヤルゼリー

胃もたれ、胸焼け、胃痛、消化不良、食欲不振、便秘、下痢等、胃腸の不快症状は多岐にわたります。

慢性化することによって、日常生活に支障が生じてしまう場合もあり、悩まされている人も少なくありません。何故、胃腸のトラブルは起きてしまうのでしょうか。

ここでは、胃腸に不具合が起こる原因と、ローヤルゼリーの改善作用について詳しくご説明していきます。

1. 胃腸は健康のバロメーター

「胃腸は健康のバロメーター」とも呼ばれているのをご存知でしょうか。健康維持のためには胃腸の調子を整える必要があるのです。

胃腸のトラブルが続くことによって、以下のような症状が現れることもあります。

  • 肌荒れ
  • 風邪を引きやすくなる
  • 肩こり
  • イライラ
  • 不安感
  • 冷え症

上記のように、一見胃腸とは関係ないように思える症状でも実は胃腸の不調が原因である場合があるのです。

1-1. 胃腸とは無関係に思える症状が現れる理由

胃腸のトラブルによって胃腸とは無関係に思える症状が現れるのは何故でしょうか。その理由は東洋医学の教えに沿って考えることで解明することができます。

【理由1】胃腸の働きは食べ物を消化・吸収するだけではないため

東洋医学では、人体を「肝・心・脾・肺・腎」の5つの機能(五臓)に分けて考えています。五臓の中で胃腸は「脾」に該当し、以下のような働きを担っているとされています。

  • 食べ物を消化・吸収し、気(エネルギー)をつくる働き
  • 血液と血管の健康を保ち、血流をスムーズに維持する働き
  • 筋肉をつくり、その健康を維持する働き

胃腸のトラブルが続くことによって、胃腸とは無関係に思える不調が現れる理由の一つは、「胃腸とは一見関係なさそうに思える胃腸独自の働きが鈍ってしまうため」なのです。

【理由2】五臓には相関関係があるため

五臓には相関関係があり、関わりを持つ一方の器官に不調が生じることで、もう一方の器官にも悪影響を及ぼしてしまう場合があります。胃腸の働きが乱れることにより、相関関係にある「肝」の機能も鈍ってしまいます。

肝には精神を安定させる働きがあり、その働きがきちんと機能しなくなることで、不安感やイライラ等の諸症状を引き起こしてしまいます。
つまり、胃腸に不具合が生じると「相関関係にある別の臓器にも悪影響を与えてしまうため」無関係にも思えるようなさまざまな症状にも繋がってしまうのです。

2. 胃腸の不調の主な2つの原因と改善方法

胃腸は食べ物の消化・吸収等の独自の働きを担っているだけではなく、全身の健康にも深く関わる臓器であることがわかりました。

既述したとおりですが、胃腸の健康を保つことは全身の健康を保つことにも繋がるのです。では、胃腸の不調を予防し、健康に保つためにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは、胃腸に不調を生じさせる原因のうち代表的な2つの原因を知るところからはじめましょう。それぞれの原因にあった対策を行うことによって、胃腸の不快症状も改善することができるでしょう。

2-1. 【原因1】ストレス

胃腸に不具合が生じる代表的な原因の一つ目は「ストレス」です。ストレスを感じることで自律神経の働きが乱れ、胃腸の不調を引き起こしてしまうのです。

2-1-1. ストレスと自律神経

自律神経とは、血液を循環したり、汗を出して体温を調節したり、さまざまな臓器を動かしたり等のあらゆる身体の働きをコントロールする神経のことです。

持ち主の意思とは関係なく働く人体の機能は全て自律神経に牛耳られています。24時間年中無休でわたしたちの健康のために働く重要な神経なのです。

自律神経には主に活動時に働く「交感神経」と主に休息時に働く「副交感神経」の2種類があり、2つの神経がシーソーのように交互にバランスよく活動することで身体の機能を正常に保っています。

しかしながら、ストレスを感じると交感神経が優位に働き続ける状態が続き、自律神経バランスを乱し、食べ物を消化する過程でも不具合を生じさせてしまいます。

通常時であれば、副交感神経の働きによって胃酸の分泌は正常に行われますが、副交感神経が働くべき場面でも交感神経が働き続けてしまうことで胃酸と胃を守る胃粘液の分泌は減少し、胃もたれや胃潰瘍等の症状を引き起こす原因になってしまうのです。

2-1-2. おすすめのストレス発散法とおすすめできないストレス発散法

ストレスが原因で起こる胃腸の不調を改善するためには、当たり前ですが、何よりもストレスを溜め込まないことが重要です。

ストレス社会と呼ばれる現代では難しいかもしれませんが、自分にあったストレス発散方法を見つけ、ストレスに打ち勝てるようにしましょう。

おすすめのストレス発散法は「運動」です。適度な運動を行うことによって、幸福感や意欲のもとになる「セロトニン」や「エンドルフィン」という物質が分泌され、不安感を取り除き、精神を安定させることで、ストレスを軽減させることがわかっています。

逆におすすめできないストレス発散法は「喫煙」「暴飲暴食」「飲酒」です。人によっては実際にストレス解消になるのかもしれませんが、これらの行為は胃腸の不調の原因となる行為であり、胃腸の不快症状を悪化させてしまう可能性が極めて高いといえます。胃腸の不調に悩んでいる場合には控えるようにしましょう。

2-2. 【原因2】食生活の乱れ

胃腸に不具合が生じる代表的な原因の二つ目は「食生活の乱れ」です。

食生活の乱れが胃腸の不快症状の原因となるのは当たり前のように思えるかもしれませんが、どれだけ注意していても「1日3食バランスの良い食事がとれているか?」という問いにハッキリと「はい!」と言える人は少ないのではないでしょうか。

ここでは健康な胃を維持するために毎日の食事で注意するべきポイントを3点ご紹介します。

2-2-1. <ポイント1>脂肪の多い食べ物は控えましょう

脂肪の多い食事は消化に時間がかかるため、腹持ちはよいですが、その分胃腸に負担がかかります。

胃がもたれやすかったり、胃腸が弱っていると感じたりした場合には控えることで、胃腸の負担を軽減し、症状を軽くすることができます。

1日に必要な脂質量

1日に必要な脂質量は1日のエネルギーのうちの20˜30%と定められています。

胃腸の負担になるといっても脂質は体に必要なエネルギー源ですから、その値の範囲内では摂取するように心がけましょう。

例えば、20歳の男性の場合、1日に必要なエネルギーはおよそ2650kcal(キロカロリー)ですから、その30%は795kcalです。

脂質は【 1g = 9kcal 】に相当しますから、1日に必要な脂質は【 795kcal ÷ 9kcal = 約88.3g 】になります。

その他の年齢、性別についても厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の値を参考にして、1日に必要な脂質量を表にまとめました。

男性
年齢 1日に必要なエネルギー量(平均的な活動量の場合) 1日に必要な脂質量(目標量・30%で計算)
6˜7歳 1550kcal 51.7g
8˜9歳 1850kcal 61.7g
10˜11歳 2250kcal 75g
12˜14歳 2600kcal 86.7g
15˜17歳 2850kcal 95g
18˜29歳 2650kcal 88.3g
30˜49歳 2650kcal 88.3g
50˜69歳 2450kcal 81.7g
70歳˜ 2200kcal 73.3g
女性
年齢 1日に必要なエネルギー量(平均的な活動量の場合) 1日に必要な脂質量(目標量※1・30%で計算)
6˜7歳 1450kcal 48.3g
8˜9歳 1700kcal 56.7g
10˜11歳 2100kcal 70g
12˜14歳 2400kcal 80g
15˜17歳 2300kcal 76.7g
18˜29歳 1950kcal 65g
30˜49歳 2000kcal 66.7g
50˜69歳 1900kcal 63.3g
70歳˜ 1750kcal 58.3g
妊婦初期※2(付加量) +50kcal -
妊婦中期(付加量) +250kcal -
妊婦後期(付加量) +450kcal -
授乳期(付加量) +350kcal -
  • 目標量とは、生活習慣病の予防のために目標にすべき摂取量のこと。
  • 妊婦期、授乳期には脂質の目標量が明記されていませんが、幾らでも摂取して良いというわけではありません。 通常時の目標量を目安にして適度に摂取するようにしましょう。

脂質を摂取する際に注意しなければならないのは、食物にももちろん脂質は含まれていますが、調理の際に使用する油にも脂質は含まれているということです。

胃腸に負担をかけすぎないように、調理油にも注意して、脂質の摂り過ぎを防ぐようにしましょう。

2-2-2. <ポイント2>1日3食きちんととるようにしましょう

近年では、「朝は胃腸への負担がかかりやすい」「朝食を食べないほうがかえって体に良い」等の理由で1日2回の食事が推奨されている場合もあるようです。

しかし、やはり朝食は食べたほうが良いといえます。その理由は以下の通りです。

体が稼働するためのエネルギー源を得ることができるため

就寝から目覚めてすぐの人間の体はエネルギー不足でガス欠のような状態です。

体を動かすためには「タンパク質」「脂質」「炭水化物(糖質)」を摂取する必要があり、朝食はそれらを補給するために重要な役割を担っています。特に脳は糖質が体内で分解されることによってできる「ブドウ糖」が唯一のエネルギー源であるため、朝に摂取しておくことはその後の活動においても重要です。

エネルギーが不足することで集中力低下やイライラの原因となってしまう場合もあるため、精神を安定させ、トラブルを避けるためにも朝食は必要だといえるでしょう。

エネルギー源が不足すると人間の体は自らを分解してまでエネルギーを捻出しようとする

朝食を食べないと、全く動くことができなくなるのかというとそうではありません。人間の体はエネルギーが足りないと感じると、自らエネルギーを作ろうとするのです。そのため、朝食を抜いたところで全く動けなくなるということはありません。

しかしながら、炭水化物やタンパク質等のエネルギー源となる栄養素が不足した体において、一体何を原料にしてエネルギーを作るというのでしょうか。

朝食を抜くことで体がエネルギー不足に陥った際に、体自らがエネルギーを捻出する方法は2種類あります。

  1. 筋肉(タンパク質)を分解してエネルギーを捻出する
  2. 脂肪(脂質)を分解してエネルギーを捻出する

筋肉が分解され、減少することによって基礎代謝が落ち、太りやすい身体になってしまいます。

また、脂肪が分解されるというのは一見良いことのように思えますが、非常手段とも呼べる方法でエネルギーを捻出するわけですから良いことばかりではありません。

エネルギー(炭水化物)不足の身体が脂肪をエネルギーとして用いる際、「ケトン体」という物質が発生します。ケトン体は酸性の物質であり、ケトン体が増えることで身体が酸化し、独特の体臭や口臭が発生するようになります。

さらにケトン体の蓄積が続くと、代謝が極端に弱まり、身体が高血糖状態に陥ってしまいます。糖を排出しようと腎臓の働きが活発化することで、脱水症状を引き起こしやすくなり、吐き気やめまい等の症状にも繋がってしまう場合もあるのです。

身体にとってエネルギーは必要不可欠であり、筋肉や脂肪を分解してエネルギーを得るのは緊急手段に過ぎません。朝食を食べるところから始まり、1日3食きちんと摂取することは身体をエネルギー不足にさせないためにも大切な行為なのです。

胃の働きが活発になる時間帯が午前7時〜9時であるため

東洋医学ではそれぞれの臓器の力が強まり、より働きやすくなる時間帯があると考えられています。

胃の力が強まるとされる時間は午前7時から9時の間であり、胃の活動が活発化しているこの時間帯に何も食べずにいることでかえって胃に負担をかけてしまいます。

朝食をきちんと食べて、胃を十分に働かせることで活性化した胃の消化吸収のパワーをしっかりと受け止めることができます。

また、7時から9時に朝食を食べておくことで、その他の臓器も働きやすい時間に働かせることが可能になります。

その他の臓器に負担をかけないためにも1日3食のうち朝食を食べておくことは特に重要だといえるでしょう。

2-2-3. <ポイント3>腹八分目に抑えましょう

暴飲暴食は胃に大きな負担をかけ、胃の不調の原因となってしまいます。

食べ過ぎを控えるためにも早食いをしないことは重要です。早食いを行うことで、脳が満腹感を感じるよりも早く食べ物を胃に押し込んでしまうことになるため、気づいた頃には胃が苦しいということになりかねないのです。

よく咀嚼してから飲み込むように心がけることで早食いを抑制するだけではなく、胃への負担を軽減することができます。

早食いが癖になっている場合には、よく噛むことを心がけ、ゆっくり咀嚼し、腹八分目で抑えられるようにしましょう。

3. ローヤルゼリーが持つ胃腸の不快症状改善作用

「自然の妙薬」とも謳われるローヤルゼリーは胃腸の不快症状の改善にも効果を発揮します。ローヤルゼリーはどのように胃腸の不調を和らげるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

3-1. <改善作用1>自律神経の働きを整え、胃腸の働きを正常化する作用

【原因1】ストレス』で自律神経の働きについてご説明したとおり、胃腸を含む臓器の働きは自律神経によって支配されています。自律神経の働きが乱れることで、さまざまな臓器の働きにも不調を及ぼしてしまうのです。

ローヤルゼリーに含まれる「アセチルコリン」という成分には自律神経の働きを整える作用があり、胃腸の不調の原因となるストレスを軽減したり、胃腸の働きを正常化したりする効果が期待できます。

胃腸をコントロールする器官そのものを健康に保つことで、不調を根本から改善することができるのです。

また、胃腸の不調の原因となるストレスが軽減することで心身ともに健康な身体を手に入れることも可能になるでしょう。

3-2. <改善作用2>腸内環境を整え、便秘や下痢を予防・改善する作用

ローヤルゼリーに含まれる「グルコン酸」という成分には「ビフィズス菌」を増加させる作用があるといわれています。

3-2-1. ビフィズス菌とグルコン酸

ビフィズス菌とは、悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整える菌のことです。

腸内で「酢酸」という強い殺菌作用を持った成分を生成することで、さまざまな菌から腸を守ったり、粘膜を保護したりする作用があります。

また、ビタミンB群を生成し、栄養素の吸収をサポートする作用もあるため、腸にとって嬉しい効果だけではなく、肌や毛髪の健康への働きかけも期待できます。

ビフィズス菌を増殖させるグルコン酸の働きをより引き出すためには、ヨーグルトと一緒に、もしくはヨーグルトを食べた直後にローヤルゼリーを摂取することがおすすめです。

毎日ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べ、さらにローヤルゼリーを摂取することで、効率よく腸内にビフィズス菌を増やすことができ、腸内環境を常に良い状態に保つことが可能になります。

ビフィズス菌は腸内で永久的に住み続けるわけではないため、毎日続けて摂取することが必要になってきます。ローヤルゼリーのさまざまな健康効果も、毎日摂取してこそ得ることができるものです。

習慣化させるまでは少し面倒に感じるかもしれませんが、長期の悩みである胃腸の不調を改善できる可能性は大いにあります。試しに数週間続けてみてはいかがでしょうか。

4. ローヤルゼリーを摂取して胃腸の不調改善!プラスアルファの健康効果も

ローヤルゼリーにはアセチルコリンやグルコン酸の他にも、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、アミノ酸、ミネラル、ビタミン等、あらゆる栄養素が豊富に含まれています。

胃や腸の荒れを修復したり、消化液をつくる手助けをしてくれたり、豊富な栄養はそれぞれに胃や腸の働きをサポートしてくれるでしょう。

ストレスや不規則な食生活等、胃腸の不具合の原因を取り去る努力を行った上でローヤルゼリーの摂取を行うことで、悩みの種である胃腸の不調を改善できるだけではなく、さらにプラスアルファの健康効果を得ることもできるはずです。

万能薬ではないため、症状が重かったり、悪化したりするようであれば医師の診察を受ける必要がありますが、胃腸の不具合に悩まされ続けている人は一度試してみる価値があるかもしれません。

毎日の生活にローヤルゼリーを取り入れてみませんか。

基礎知識まとめ

体験談まとめ

おすすめ製品まとめ

画像
No.1
酵素分解ローヤルゼリーキング
画像
No.2
アサヒSAIローヤルゼリー48EX
画像
No.3
薬院オーガニックのローヤルゼリー
画像
No.4
やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800
画像
No.5
ローヤルゼリー+メカブフコイダン
画像
スキンケアNo.1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像
スキンケアNo.2
オクタードEX
ジェリーRH
画像
スキンケアNo.3
エモリ―Rジェル

さらに調べる…